セント・パトリックスデイ

セント・パトリックスデイ
今日は、セント・パトリックスデイなので、緑色の飲み物を!というわけで、天ぷらと串 高尾で、無理をお願いして、焼酎のライム割り!
一応、緑色だから、OKでしょ?

| | Comments (4) | TrackBack (0)

セント・パトリックス・デイ St.Ptrick's Day

セント・パトリックス・デイ
3月17日はセント・パトリックス・デイ(St.Patrick's Day)。
アイルランドにキリスト教を広めた聖人・聖パトリックを祝福するお祭り。(聖パトリックの命日にあたる)

一説にはセント・パトリックが身に付けていたとも言われる緑色の服を着て、緑色の飲み物やお酒を飲む。
なぜ緑色なのかというのは諸説あって定かではない。 → 去年のセント・パトリックスデイの記事参照

さて、セント・パトリックス・デイというカクテル。
一番強いのは、ミントの味だけど、チョコレートが入ってないのにチョコの味がする。カクテルレシピの観点からすれば魔法のレシピ。マイネクライネのマスターによれば、バーボンとミントの味が作り出すカクテルの妙技だろうと。

【カクテルレシピ】
バーボン 1/3
シャルトリューズ・ヴェール 1/3
ペパーミント・リキュール 1/3
お好みで、チョコレート・リキュール(ただし、この日のレシピには入っていない)

| | Comments (7) | TrackBack (0)

ズブロッカ ZUBROWKA

ZUBROWKA

久しぶりのマイネクライネズブロッカを飲んでみた。

ポーランドのウオッカだそうで、ボトルの中に「バイソン・グラス」という草が入っている。かつてバッファローがその草を食べに集まったそうで、ボトルにもバッファロー(バイソン)の絵が描いてある。

アルコール度数40度なので、強く感じるけど、桜餅のような草の香りがそれを打ち消してくれる。まるで草原に寝転がっているような雰囲気をかもし出してくれる。

| | Comments (354) | TrackBack (0)

フレンチ・コネクション FRENCH CONNECTION

french_connection
広島のくつろぎスポットGS BARさんに刺激されて、フレンチ・コネクションを飲んでみた。前の記事のゴッド・ファーザーのベースをスコッチからブランデーに変えたカクテル。

飲んだ印象は、ゴッド・ファーザーよりもベース(ブランデー)の味が強く出てるなぁという感じ。ただ、アマレットの甘みは同じように出ているので、より酒っぽいカクテルか?それにブランデーだから、飲み口は非常に良い。

【レシピ】
氷を入れたグラスに、ブランデーとアマレットを入れて軽くかきまぜて出来上がり。

| | Comments (101) | TrackBack (0)

ゴッドファーザー GOD FATHER

god_father
久しぶりにゴッドファーザーを飲んでみた。カクテルにはまり始めの頃、名前が覚えやすいのと、自分が甘口が好きで、なおかつウイスキーベースというのが気に入っていた。

【レシピ】
氷を入れたグラスに、スコッチ・ウイスキーをベースに、ディサローノ・アマレット(AMARETTO DISARONNO) を加えて出来上がり。

ウイスキーのアルコールと、アマレットの甘みが楽しめるカクテル。ちなみに、ゴッド・ファーザーという名前は同名の映画からきているらしい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)