CITROEN GAROEDE

CITROEN GAROEDE

マイネクライネでCITROEN GAROEDE (RED LEMON)でおすすめのカクテルということでお願いした。

まさに情熱の赤!
そして甘くてレモンの味。

飲みやすくて、あまり酒という感じがしない。

子供のころ、どこかで飲んだなぁという懐かしい味がする。

【カクテルレシピ】
聞くの忘れた。。。

| | Comments (20) | TrackBack (0)

シャルトリューズ・リッキー CHARTREUSE RICKY

chartreuse_ricky マイネクライネにて、ジン・リッキーのジンの部分をCHARTREUSE JAUNE シャルトリューズ・ジョーヌ(イエロー)で置き換えて作ってもらった。

ジン・リッキーより甘味があって美味しい。 リッキーというからには、ライムを入れてソーダ割りってシンプルだけど、すごく違う。 こっちの方がライムの味が引き立つ気がする。

| | Comments (405) | TrackBack (1)

セント・パトリックス・デイ St.Patrick's Day

st_ptricks_day3月17日は「セント・パトリックス・デイ(St.Patrick's Day)」。アイルランド出身でキリスト教布教に貢献したSt.Patrickの命日。この日は、キリスト教の国々では、緑色のものを着て、緑色のものを飲んで、パーティーやパレードをしたりするそうだ。

そんな話を何年か前に、マイネクライネでしていたら、「その名前のカクテルあるよ」ということで、作ってもらった。このカクテルを作ってもらうときはいつも化学の実験気分。なにしろ、そのレシピで、緑色になるのか?というレシピなのだ。

【レシピ】
バーボン 1/3
シャルトリューズ・ヴェール 1/3
ペパーミント・リキュール 1/3
チョコレート・リキュール(だったかな?) ちょっぴり

では、なぜSt.Patrick's Dayは『緑色』なのか? これは結局諸説あってよくわからない。
よく言われるのは、「St.Patrickがミサをして、帰り道はいつも緑があふれていたから」とか「St.Patrick家の家紋が緑色のクローバーだったから」とか。
これを調べていくと、なぜ「危険」や「熱い」を「赤色」で表すのか?なぜ「安全」を「緑色」であらわすのか?というような議論までいってしまうらしい。

さて、肝心のお味ですが、ミントの味が強くて甘い。ちょっと好き嫌いが出るかなぁ。でも甘い香りと綺麗な緑色に誘われてついつい美味しく飲んじゃうカクテルです。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

グリーン・アラスカ GREEN ALASKA

green_alaskaマイネクライネでグリーン・アラスカを飲んでみた。アラスカよりも飲みやすい。

【レシピ】
シャルトリューズ・ヴェール(グリーン)とジンをシェイク。シャルトリューズは1/4ほどでよい。

シャルトリューズの分量は少ないけど、シャルトリューズ(ヴェール)の独特の香りと味。甘くて美味しい。シャルトリューズはフランスの修道院で作られている薬草酒。ハーブの調合はこのお酒を造っている修道士以外は誰も知らないという秘伝とか。

シャルトリューズ・ジョーヌ(イエロー)を使うアラスカは、シャルトリューズ好きの人が強いカクテルを飲みたいときにおすすめという感じがするが、グリーン・アラスカは、シャルトリューズをまだ味わったことのない人にもおすすめ。甘くて、ハーブの香りもよく、飲みやすい。

| | Comments (42) | TrackBack (0)

アラスカ ALASKA

alaskaアラスカ(ALASKA)を飲んだ。まるで、アラスカの氷海のようなイメージ(行ったことないけど)のカクテル。宮廷で不老不死の聖なる酒として飲まれていたという。

【レシピ】
CHARTREUSE JAUNE シャルトリューズ・ジョーヌ(イエロー) とジンをシェイク。ショートグラスでいただく。

シャルトリューズ・ジョーヌは、薬草系のリキュールで「リキュールの女王」とも呼ばれる。アルコール度数が高く、カクテルにしてもかなり強いが、薬草系独特の甘みとハーブの香りで美味しくいただける。

| | Comments (9) | TrackBack (0)